何かに迷ったら来なさい!

答えは1つではない!すべては、自分が決めている。物事は事実であるが、意味は自分で決めている!

真の協力者を探せ!

後輩があなたに対して意見を言ってきたら、あなたはどのように思いますか?

あくまでも意見なので、愚痴や不満ではありません。また、ちゃんと理論だって説明してきて、ただ単に結論を述べるということではないとします。

どうでしょうか?ポイントは後輩という事になります。少し不満を想像した場合には、あなたは気をつけた方がよいかもしれません。また、後輩ではなく、その人の役職が自分よりも下だった場合も同様です。

主観的な視点と客観的な視点はどちらも必要です。客観的な意見は意外とすんなり聞けますが、主観的な意見、つまり自分と同じ組織に所属している者の意見は、例えばあなたがトップの地位にいる場合に、素直に意見などを聞くことができますか?

聞きたいけど、どうしても素直になれない方はいるのではないでしょうか?では、あなたがトップの地位にある場合に、組織のすべての人よりも能力はすべてにおいて上なのでしょうか?

組織の意味は、端的に言うとお互いの弱点を相互で補完することです。あなたがオールマイティーならば、理論上は組織はいりません。

もし、あなたが野球漬けの人生を送って来た人であった場合で現在結構な年齢であった時に、何かの都合でサッカーをしなくてはならなくなり、教わる人が現役の高校生だとしたら、どうしますか?

サッカーを教わらなくてはならない以上、年齢に関係なく、その道のベテランに耳を傾ける事になるでしょう。同じ事で自分よりも秀でた意見が出たならば、やはり、どんな立場であれ聞く耳を持つべきなのです。

ましてや同じ環境で同じ体験をしている人の意見なのですから、そこから意見が出た場合はとても貴重と言えるでしょう。

真の協力者は、その組織の内側をよく知る人です。まして、あなたよりも地位や立場や年齢が下だった場合でも、意見を伝えてくる人なのですから、財産と言えるかもしれません。

ただ単にゴマをする人や言いなりになる人は、その組織のために何かを考えている人ではない可能性が高いでしょう。真剣だからこそ、意見を言ってくるのです。

あなたには真の協力者はいますか?

 

www.instagram.com