何かに迷ったら来なさい!

答えは1つではない!すべては、自分が決めている。物事は事実であるが、意味は自分で決めている!

情熱があるかどうか?

情熱を持って対応していますか?

人事が経済状況によって波を打ち、売り手と買い手の有利不利が入れ替わっていたのが懐かしいですが、今や人口減などにより、状況は固定しそうです。必要な労働者数が様々な影響で絶対的に必要無くなったならば、また、状況が変わるのでしょう。

人事については、今のような外部的な要因ではなく、原理原則として、しっかり向き合う事が外部の状況など周りの変化に影響されない事になると思います。

人事には付きものの異動や役割変更、担当替えですが、本人が納得していれば何も無いですが、本人が本心ではあまり受け入れられていない時は、熱意を持ってなぜその必要があるのか、恋愛相手を口説くように対応すべきでしょう。

昔だったら、支持を出して、嫌なら辞めるし構わないという事があったと思いますが、実は現在も昔も本当は対応は変えてはいけなかったのです。

特に現在は、徐々に人間が必要でない事は機械やシステムの自動化が進んで来ています。ということは、人が必要なところにのみ人が要求されています。

つまり、昔であれば、もしかしたら誰でもできる仕事があったので、辞めても新たに採用する事で対応できたかもしれません。

今はその仕事は無くなりつつあります。現状では飛躍している表現になるかもしれませんが、機械やシステムが出来ない事に人が必要なって来ています。

ということは、その人の判断などが必要な仕事が残って来ている可能性があると言えるかもしれません。

昔も変わらず、本当はその人の能力が大きく左右する役割や部署にもかかわらず、先程の数の倫理でミスマッチや納得させていない異動により、辞職やライバルからの引抜きなどにより、組織の戦力が大幅にダウンしていた可能性があります。

まして、現在は人手不足の業界もあります。人を失う事が致命的になる可能性も無いとは言えないでしょう。

ただ、職業と同じで本人が好きな事と周りが合っていると思う職業が異なっているのと同様に、リーダーや人事から見た能力と本人がやりたい事とが異なる事は、容易に推測出来ます。

ですから、貴重な戦力を失わないためにも、本人としっかり話し合って、なぜ、このような異動などになったのかという事を可能な限り熱意を持って話し合う必要があるのです。

www.instagram.com