カードは人生のチェックリスト

主役はあなた自身、カードで人生が少しでも良い方向になる事を願って!

当ブログと個別の助言依頼について

【当ブログについて】 当ブログをご覧くださいましてありがとうございます。 このブログは、助言者「楽龍」をとりあえず知ってもらう事を目的として作成されたものです。 助言を含めてコミュニケーション全般については、相性(考え方・感覚・表現方法など)…

助言者とは何もしないこと? その4

さて「知っている」ということと、「良いとこ取りする力(融合する力)」というのが今回のテーマです。 重要なのはただ「知る」ということでなく、想像と結合したりすることや、くもの巣のようにその「知る」を繋げていって、何か質問や聞かれたときに、受け…

助言者とは何もしないこと? その3

「考えること」の具体的は行動である想像と創造。 想像は無限の世界のようですが、実は狭い世界なのではないかというのが今回のお話。 さかのぼること自分が小学生低学年ぐらいの時、近所に怪獣が好きなお兄さんがおりました。その人から、今までに無い新し…

助言者とは何もしないこと? その2

前回からの続きです。⇒ 前回はこちら 助言の種としての独自の経験なども重要だけど、それ以上に必要なのが「考えること」ではないかと思っている。 やはり、人間は今のところ時間は24時間で平等。理論的に考えても2人分の人生を経験することは、たぶん、同じ…

助言者とは、何もしないこと?

助言するとは、究極を言えば何もしないことなのかもしれない。 その真意は、助言とは相手に対して「選択の幅」を広げたり、選択肢を増やすしたり、提案することなのではないかと思う。 当たり前では?と思うかもしれないが、選択の幅や特に選択肢を増やすと…

「死」と「塔」のカードの違いとは

タロットはインスピレーションやイメージが大事であるとよくタロット関係の書籍では書いてありますが、今回の内容もまったくの楽龍自身のイメージでのお話です。 2019年1月16日つまり今日のカードが「塔」でした。そして、明日は「死」のカードでした。この2…

同じカードが繰り返し出る

先週からの占いで、独自の1日の運勢スプレッドでのカードの配置が同じようなものが繰り返し出てくる。 一日の傾向を表す大アルカナでは、「DEATH」と「JUDGEMENT」が交互出てきて、タロットは何か訴えてきているらしい。小アルカナで一日を分…

THE HIGH PRIESTESS.

少し前に、自分のことを占ってみたら、スプレッドのたびにお見かけする「THE HIGH PRIESTESS.」のカード。 それもなぜか、アドバイスの位置に「またですか!」って位で様々なスプレッドにお見えになってました。 タロット解説書によって様々ですが、「神秘」…

そのまま。

ある日、独自スプレッドで今日のことを占っていたら、その中の一部について迷ってしまった。 ・ 大アルカナ 「STRENGTH」 ・ 小アルカナ 「ペンタクルの6」 という関係性のリーディングの部分。 う~ん、この関係性は。。。あれこれと考えてみたがスッキリし…

タロットアドバイス依頼

読み込んでいます...

お問い合わせについて

読み込んでいます...